Freight Village Rosva

Freight Village Rosvaは地方と地方を繋ぐ重要性がある運送・物流センターである。その設立と仕事の目的はカルーガ州に位置している工業団地の「グラブツェヴォ」、「ロスワ」、「カルーガ・ユグ」における駐在企業の物流を最適化することと、対外経済の他の関係者達にサービスを提供することである。カルーガ市から18キロ、モスクワ環状道路から180キロ離れ、「ロスワ」工業団地の土地の64ヘクタールに配置されている。

 

Web-сайт:http://freightvillage.ru/

 

鉄道ターミナル、総面積は約7.5ヘクタール:

-11350mの長さがある私用鉄道にある貨物用パーク(850~1050mの有効長がある7つのデッドエンド鉄道線路)

-私用のTEM2型機関車の私用。鉄道ターミナルの主要な利用者はPSMA社である。

-ヴォロティンスク駅は第3、4、8H、10Hの貨物の条項に従う作業が出来る(貨車、無蓋貨車、私用鉄道線路の多目的の20/40フィートのコンテナーと関わる作業)

 

鉄道のパークに隣接する約3ヘクタールのコンテナー・ターミナル

-関税検査エリアと臨時保存倉庫

-ターミナルの最大生産能力は150000TEU/年まで

-同時保存量は6000TEUまで

-積換え用の機械-リーチスタッカーSisu

 

税関ターミナル

ターミナルにあるもの:

-カルーガ税関に属する第1カテゴリーの「カルージスキー」関税監視所

-中央間接税関のカルーガ関税監視所

-カルーガ税関の臨時保存倉庫

-中央間接税関の臨時保存倉庫

-事務所ビル、1500m²

-貨物用クレーン、重量計、放射能を管理するシステム、検査用のX線システムが設備された10ヘクタールの面積がある自動車ターミナル