カルーガ州の成功の歴史

現在カルーガ州はロシア連邦における地方区分の中で経済的に最も発達している地方の一つである。同地方は工業の向上の速さ、人口の一人当たりの投資量、人口の実際の収入の増加の速さ、毎年生産に導入される先端技術においてロシアでトップクラスの位置づけとなっている。15年前カルーガ州は、首都集積の西南の境に接する完全に補助金に頼っている地方だった。不景気な地方が、あらゆるビジネスが発展するための最良な条件を備える州まで進歩を遂げたのは地理的位置が有利であるという理由だけではない。

 

その発展の基盤となったのはタイミングを見極めて行われた、しっかりとした投資対策、良い指導と基幹産業に対する職業的に作成された支援プログラムである。

 

競争力をもたらすメリットは「リュジノヴォ」の土地計画プロジェクトにおける経済特区と工業団地に製造所を配置するアイデア、発展制度による税金上の特典と行政による総合サポートである。クラスターの競争力と経済発展の向上においてこのようなアイデアが中核を担っている。

 

カルーガ州における自動車、製薬、輸送・物流、観光、農業とITに関するクラスターは順調に発展している。そのリストの中でも自動車製造のクラスターは突出している。そのクラスターは生産量においてロシアの主要な3つの生産地の一つに入っている。そのクラスターはロシアと外国の企業を一手に担っている。クラスターの中心は3つのOEM生産者である:「Volkswagen Group Rus」, 「Peugeot-Citroen-Mitsubishi」と「 Volvo」のロシア企業である。自動車製造、すなわちVolkswagenの工場の開業から州の新しい経済の、そして産業集合体の構造を一変した時代が始まった。知識経済の発展の基本となった製薬クラスターで製薬界の先進企業が稼働している:「Berlin-chemie /Menarini」、「Novo Nordisk」、「AstraZeneca」、「Niarmedic」、「Sphera-pharm」など。運送・物流のクラスターにおける枢要なプロジェクトは〈フレイト・ヴィーレジ〉の形式で作成されたFV「ヴォルシノ」とFV「ロスワ」である。重要な目的は2つの国際空港「カルーガ」と「イェルモリノ」の再建である。各分野のクラスターの枠内で専門の学習センターが開校され、学術団体が発達し、様々なサービスを提供するものも含んで企業の競争力のレベルは上がっている。

 

地方は多分野、つまり効果的な経済を築きあげることを目指している。州に大きな国際コンツェルンの工場がある:「Samsung」、「General Electric」、「Continental」、「Nestle」、「L’Oreal」など。経済の基幹分野を代表する企業も活発的に発展している-ターボ発電機やガスタービンエンジン、鉄道機械、建築資材、電子工学、光学などの製造者。原子核技術、飛行、宇宙飛行学からナノ水浄までの様々な範囲における研究と開発を担う新しいハイテクノロジーの製造所が作成される。

 

従って、15年前に目指した経済の方針は完全に報われた。新しい経済対策は金融の富裕層のレベルまで上がること、ハイテクノロジーの製造の発展のための環境を作ること、質的に新しいインフラと社会環境を形成することを可能にした。

 

 現在、カルーガ州は未来の社会・経済発展の命運を握る新しい課題がある。作業の枢要な方針は基幹生産のリエンジニアリング、統合の経過の深化、投資家の権益の拡大と新しい投資家の導入、中小企業の支援、職員ポテンシャルを向上させる条件のシミュレーション、知識経済の発展、そして最も重要なのは-州における生活のレベルの恒久的な向上である。