生活のためのカルーガ州

子供がいる家族のためのインフラ整備

Volkswagen社の工場に勤めている職員の、ドイツ語を母国語とする子供のためにカルーガ市の地方自治体予算教育施設「第48国立高等中学校」(カルーガ市、モトロストロイテレイ並木通、16 Kaluga, bulvar Motorostroitelei, 16)で当該会社は学習コースを開設した。社員のフランス語が母国語である子供のためにPSA Peugeot Citroën社はカルーガ市の地方自治体予算教育施設「第24国立高等中学校」(カルーガ市、フリードリヒ・エンゲルス通り12a  Kaluga, ulitsa Fridrikha Engelsa, 12a)と地方自治体予算教育施設「第48国立高等中学校」(カルーガ市、モトロストロイテレイ並木通、16 Kaluga, bulvar Motorostroitelei, 16とエントゥジアストフ並木通、10‐1 bulvar Entuziastov, 10-1)で学習コースを開設した。

その他、2012年にカルーガ州地域で249815、Kaluzhskaya oblast, Ferzikovskiy rayon,

selo Voskresenskoe, Tsentralnaya alleya,1  カルーガ州フェルジコフスキー・ライオン ヴォスクレセンスコイェ村 ツェントラルナヤ・アッレヤ1の住所で「カルーガ国際学校」(自治非商業協会)が開校した。学校は3~18歳の100人の学生を受け入れられる。学習はIB(国際バカロレア)に基づいている。カルーガ国際学校のサイト 

文化

現代のカルーガは大きな歴史的、産業的な都市だけではなく、見学ツアー施設が沢山ある文化的中心地である。その中には宇宙飛行学歴史博物館とK.=E.=ツィオルコフスキーの記念館、コゼリスクのオプティナ修道院、「ニコラ・レニヴェツ」公園などがある。観光という項目でカルーガ州の最も大きな文化施設について知ることが出来る。

 

ホテル

カルーガ州のホテルのリストは投資家向けポータルサイトの英語バージョンで見ることが出来る

 

医療

カルーガ州における医療施設のリストは投資家向けポータルサイトの英語バージョンで見ることが出来る。