カルーガ州立郷土博物館

カルーガ州立郷土博物館は、1897年に設立され、ロシアにおける最古の郷土博物館の一つである。以前、皇帝の家族を応接することが目的であったその家は19世紀の初めに田舎町であったカルーガの実際のシンボルとなり、長い間、宮殿と呼ばれた。屋敷の建設は18世紀のロシア古典主義の法典に応じている。建物の中には壁画、天井画、芸術性の高いレリーフ、象嵌入りの床が残り、その内装作業はイタリア人のS.=P.=カンピオニの指導で行われた。屋敷のハイライトは本館の絵画インテリアである。

博物館の収蔵品は100年以上形成され、基本収蔵品だけで現在は10万点以上にのぼる。

外国人の旅行グループのために博物館ではドイツ語フランス語での見学が手配され、あるいは予約制度で通訳者を依頼できる。

住所:カルーガ市、プーシキン通り、14 Gorod Kaluga, ulitsa Pushkina, 14

電話番号:8(4842)72-16-19、74-40-07、74-20-12