文化・教育の観光センター「エトノミル」

エトノミル」はユニークなプロジェクトである、つまり90ヘクタールの土地で人々の多種多様な遊星のモデルが作成されている。将来的には52の民俗のエリアが出来、その各土地は一つの民族の文化を代表し、整然と配置された民俗的な建物を含む、すなわちホテルである一軒家、職人の工房、博物館、伝統的な料理のレストラン、土産物店、伝統的な生活の特色を伝える施設などである。各民俗のエリアに必ず伝統の擁護者が住み、彼らは自身の民族の貴重な文化、つまり日常生活や祭り、手技、民話と神話、建設学と歴史、民族の料理、健康増進法等を紹介する。エトノミルの主要なコンセプトは経済発達のレベルと世界に対する国のステータスに関わらず、様々な文化が平等であるということを伝えるものだ。プロジェクトは2019年までに完了される予定である。

「エトノミル」のあらゆる客は民族の快適な家、例えばフェルトのユルタ、パオ、インディアンのティピー等に滞在し、いずれかの国の文化と雰囲気を感じることができる。

住所:カルーガ州、ボロフスキー地域、ペトロヴォ村 Kaluzhskaya oblast, Borovskiy rayon, selo Petrovo (モスクワからキエフ道路あるいはミンスク道路で90キロ)

電話番号:+7(495)627-51-90

「エトノミル」のサイト