物流

カルーガ地方では近代的な輸送・物流のインフラを形成するという点に特に注力している。州にはクラスターの効果的な発展のための一連の利点がある。第一に、カルーガ州はモスクワ近くに位置し、その地域に最も重要な鉄道線が通る:モスクワ-キエフ、ドンバス-サンクト・ペテルブルグ、シズラ二-ヴャジマ、ミチュリンスク-スモレンスク。同地域の土地に二つの大きな連邦自動車道路が通る(モスクワ-ブレスト、モスクワ-キエフ)、その道路ではモスクワとウクライナ、モルドバ、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー間の通過輸送が行われる。供用の鉄道と自動車道の数においてカルーガ州は国の上位20地方に入っている。

第二に、カルーガ州は最も大きな物流オペレーターであるGEFCO, Green Logistics, Rhenus Logistics,「トランス・コンテナー」などと協力している。

第三に、カルーガ州にはクラスターの今後の発展に関してはっきりした戦略がある。マルチモーダルの輸送・物流ターミナル、関税、倉庫室が建設されており、自動車、鉄道、空港のインフラが発達している。州では国の規模に対するユニークなプロジェクトが実現されている。

Freight Village Vorsino は、集合体の貨物利用運送のサービスをする連邦にとって重要な大型でマルチモーダル物流センターである。

Freight Village Rosva は地方と地方を繋ぐ重要性がある運送・物流センターである。その設立と仕事の目的はカルーガ州に位置している工業団地の「グラブツェヴォ」、「ロスワ」、「カルーガ・ユグ」における駐在企業の物流を最適化することと、対外経済の他の関係者達にサービスを提供することである。

「イェルモリノ」国際空港空港はFreight Village Vorsinoの一部であり、ノヴァヤ・モスクワとの境の近く、モスクワ市の中心部から95キロ、カルーガ市から91キロの距離に位置している。LCC運搬以外に、空港は貨物を加工する大きなセンターになる予定がある。

「カルーガ」国際空港。空港は「グラブツェヴォ」工業団地から近距離で、カルーガ市からは8キロ離れている。