「イェルモリノ」国際空港

空港はFreight Village Vorsinoの一部であり、ノヴァヤ・モスクワとの境の近く、モスクワ市の中心部から95キロ、カルーガ市から91キロの距離に位置している。LCC運搬以外に、空港は貨物を加工する大きなセンターになる予定がある。

2012年12月まで「イェルモリノ」空港は内務省の国内隊により利用され、その後はロシア連邦の指令によってUTair航空会社との共同基地設営の飛行場になった。航空会社とカルーガの行政機関は飛行場の民間部所を計画している。同時に内務省は飛行場の再建を計画している。空港の利用開始予定の期間は2017年となり、2021年までに年間に7500000の乗客を迎える予定である。

飛行場はICAO(国際民間航空機関)の分類によってCレベルを得る予定で、それによって現代の旅客機のすべての書類を扱うことが可能になる。

乗降場の総面積は25万m²となり、計画では40の停車場を作ることになっており、飛行場のターミナルがある。輸送能力は2400客/時になる。