「カルーガ」国際空港

空港は「グラブツェヴォ」工業団地から近距離で、カルーガ市からは8キロ離れている。2014年に空港のターミナルになる建物と滑走路の再建を完了する予定がある。空港は64トンまでの航空機を扱うことが可能になる。

 

サイズ:

-空港の集合体の面積-200ヘクタール

-滑走路のサイズ-2200x45m

-地位-国際空港

-扱う飛行機の離陸質量-第2クラス

-輸送能力-100客/時

-旅客数-2030年までに500000人/年まで

-空港ターミナルはA-319、「ボーイング-737」その類似の飛行機(64トン)を受け渡しすることが出来る

 

プロジェクトの主要な特徴

 

再建の規模:

 

世界基準による飛行場の全面的再建

航空インフラにおける施設の再建、新しい施設の建設

-近代的ナビゲーションと照明工学設備の設置

-ロシア連邦の国境を通る空中通過所の設立

-専用機の配備

-航空人員の研究と資格取得

-空港におけるすべてのサービスの提供へ推移

  •   定期便とチャーターの国内便と国際便の離発着に関する作業
  •   ビジネス機の飛行間と定期の技術サービスと修理
  •   一般用の飛行機のサービス

 

http://airkaluga.ru/