カルーガ地方について

工業

カルーガ州では、ハイテク産業を基盤とする多産業団地が形成された。

歴史的には、タービン発電機、ガスタービンエンジン、鉄道機器、電子機器、光学機器、紙、家具、その他の商品がこの地域で製造されている。機械製造複合施設の企業は、この地域の産業の可能性の基盤を形成している。この地域の新経済は、クラスターモデルに基づいてに発展している。今は、以前で海外で購入されたすべての製品は、自動車、コンピューター、テレビ、建材、医薬品、化粧品、食品、動物用飼料などはカルーガ州で製造されている。

2019年1月のロシア連邦国家統計局(Rosstat)によると、カルーガ州は以下となった。

 - 一人当たりの加工産業の生産量に関して、中央連邦地区には1位、ロシア連邦には2位。

 - 牛乳生産量の増加ではロシア連邦では1位。

 - 一人当たりの工業生産に関しては、中央連邦地区では 1位、ロシア連邦では12位。

 

10産業クラスター

過去5年間の地域総生産(GRP)の成長は142億ルーブルとなる。

過去5年間の工業生産指数の成長は+ 27% となる。

過去5年間の外国との輸出成長は8.7倍 となった。