カルーガ地方について

出資プロジェクト

 カルーガ州はロシア連邦の地方区分における投資状態に関する国内ランキングのトップである。10年間ほど続く投資導入はカルーガ州の発達において優先されてきた方針である。地方行政が実行する投資政策における枢要な決断は、投資家が滞在する特別なエリア(工業団地)を作ることであった。その主要な目的とは、投資プロジェクトを実行する際、経済の下部構造の制限をなくすことである。そのようにカルーガ州は製造の配備とビジネスのための最もよい条件を作り出したロシアのリーダー的な地方となった。

 ここ数年にわたり、数々の大きな海外投資家がカルーガ州を訪れた。その投資家は工業団地に自社工場を開設した。工業団地は工業生産を目的とした、一連の工場を配置できる、発達したインフラ、つまり、水道、ガス供給、電力供給、運搬車両乗り入れ用道路などが整備されたエリアである。カルーガ州は世界の経済地図で注目される存在となってきた。今現在、70の世界的製造企業はカルーガ州でビジネスを行い、様々な実行段階にある出資プロジェクトの数は100に近い。

 カルーガ州で行われる出資プロジェクトのリストを次のリンクからアクセスして英語で見ることが出来ます:

http://www.investkaluga.com/en/o-kaluzhskoy-oblasti/promyshlennost-regiona/investproekty/