カルーガ地方について

地方における産業

カルーガ州では2030年まで続く社会経済的発達の戦略が導入され、その中で地方の発達の主なモデルとしてクラスター方式が取られている。

カルーガ州のクラスター政策の成功ははっきりした分かりやすい出資主義、すべての行政機関に利用される原則のおかげで可能になる。州は投資家のために工業団地に滞在する特別な条件を提供し、投資を実現する際の調整の手続きを最大限に簡単にする。

以下の分野に関してクラスターが形成された

-自動車

-製薬

-交通・物流

-農工業

-IT

-観光

 

今日カルーガ州はロシアで産業の発達、一人当たりの出資量、住民の実際の収入の上昇、毎年製造に導入される先進技術においてトップレベルに位置している。大きな国際コンツェルンのVolkswagen, Volvo, Peugeot, Citroen, Mitsubishi, GE, Samsung, Continental, Berlin-Chemie/Menarini, Novo Nordisk, STADA CISはカルーガ州でプロジェクトを実行している。

基幹産業を代表している企業、すなわちターボ発電機、ガスタービンエンジン、鉄道機械、建材、電気器具、光学機械等の生産者が活発に発展している。原子技術、航空と宇宙飛行学からナノテクノロジーや浄水に至るまで、様々な分野の研究と新しいハイテクノロジーの製造を実現する。

2013年の結果によると、カルーガ州は次の位置づけとなっている:

 

  •  加工産業における発送された人口一人当たりの製品量  ロシア連邦で2位 中央連邦管区で2位
  •  電力、ガス、水の生産と配分の指数 ロシア連邦で1位 中央連邦管区で1位
  •  一人当たり工業製品の生産量 中央連邦管区で1位
  •  人口一人当たり固定資本への出資(1月~9月) 中央連邦管区で1位
  •  人口一人当たり直接海外投資量 (1月~9月) 中央連邦管区で2位 ロシア連邦で3位
  •  工業生産指数 中央連邦管区で3位
  •  平均月収(1月~11月) 中央連邦管区で3位、ロシア連邦で28位

 

州の基幹産業は機械製作システムである。直近7年間にわたってカルーガ州の工業生産量は2.5倍増加した。事実上、それまでに存在したカルーガ州の産業の1.5倍にのぼる生産量が新たに増加したことになる。

 

  •   7.5% ― 2013年の工業生産の上昇率
  •   236.2% ― 機械と設備の生産量の増加率
  •   149.1% ― 化学生産量の上昇率
  •   121% ― 鉱物採掘の上昇率
  •   151.1% ― 電気、ガス、水の生産と配分の上昇率

 

 工業生産の分野

  •   電子工学
  •   冶金
  •   動力機械製作
  •   鉄道機械製作
  •   食品工業
  •   建設産業
  •   セルロース・紙生産
  •     化学生産