特別経済区「カルーガ」

工業生産の特別経済区「カルーガ」は、カルーガ地域のリュディノフスキー地区で2012年12月28日のロシア連邦政府の決議第1450号に従って設立されました。

現在、特別経済区「カルーガ」は、「リュディノフスキー」と「ボロフスカヤ」という2つの敷地に分かれており、総面積は1042.72ヘクタールです。

 

この敷地は、カルーガ地域のリュディノフスキー地区のボイロボ村(432ヘクタール)とカルーガ地域のボロフスク地区のコゼルスコエ村(610.6ヘクタール)にあるリュディノーボの市から0.1キロ離れた場所に位置しています。 

リュディノフスキー敷地は、地域の南に位置しています。 専門化は、大規模および中規模の工業生産の開発、建築材料の生産のための企業、木工です。

ボロフスカヤ敷地は、地域の北部、ニューモスクワとの国境に位置し、ハイテク産業、研究所、エンジニアリングセンターのほか、大規模な物流ターミナルに隣接しています。 専門化は、製薬企業、医療機器および製品の製造、計器製造および革新的な機械製造会社です。

2013年以来、特別経済区「カルーガ」の領域では、13の投資家が登録されており、投資額が48,892,000,000ルーブルとなっています。 

現在、30以上の企業が交渉の活発な段階にあり、その中で10社以上の製薬会社が特別経済区域内で生産を開始する意向を持っています。特別経済区「カルーガ」では2020年まで、20以上の企業を配置し、5000人以上の雇用を創出する予定です。 投資額は約800億ルーブルです。生産場所への申請

 

製造所開設の申し込み