カルーガ地方に関する一般的な情報

 

般情報

カルーガ地域は、中央連邦管区の一部であるロシア連邦の構成主体です。設立の日付 - 1994年5月7日。カルーガ都市の最初の言及は12世紀のものであります。カルーガ地域の面積は29.8千平方キロメートル(ロシア連邦の0.17%)です。  

 

位置

カルーガ地域は、モスクワの南西にあるロシア連邦のヨーロッパの中心部に位置しています。地域は、モスクワ市、オレル、スモレンスク、ブライアンスク、トゥーラ、モスクワ地域に隣接しています。カルーガ地域の区域からモスクワ(モスクワ環状道路)までの距離は68キロです。 

この地域の領土には、世界のすべての国々とロシアをつなぐ重要な高速道路と鉄道があります。一般的な鉄道や高速道路の数によって、カルーガ地域は、最も発展した電気通信システムを備えたロシアのトップ10地域の中にしっかりと占有していて、20の進んだ地域の一つです。 

国際空港「カルーガ」の技術的サポートは、あらゆる国際線を受け入れることができます。この地域では、「貨物村 / Freight Village」の現代的な物流コンプレックスが活動されています。今日の「Freight Village Kaluga」は、ロシア中部最大かつ最も近代的な流通センターです。Freight Village "ヴォルジーノ"は国際物流ルート 「New Silk Road /新シルクロード」の基点です。

 

人口

カルーガ地域の人口は、2017年1月1日現在のロシア連邦の国家的統計の連邦サービスによれば、町民の773,018人(76.05%)を含む1,014,600人の住民であります。人口密度は34.14人/平方キロメートルです。経済的に活発な人口は528,4千人です。

カルーガ地域は、同国人の移住と出生率の点でロシアで二位に占めています。カルーガから180キロ圏内には2000万人以上の人が住んでいます。

 

公営の管理

24の地域を含む304の自治体がカルーガ地域の一部です。

カルーガ地域の主要都市には、カルーガ市(342千人)、オブニンスク市(111.4千人)、リュジノヴォ市(39.0千人)、キーロフ(30.9千人)、マロヤロスラヴェツ(28.1千人)、バラバノヴォ(25.4千人)です。

地方センターはカルーガ市です。カルーガ市は、1371年にモスクワ公国の保護のための国境の要塞として設立されました。カルーガは宇宙航法の故郷と呼ばれ、コンスタンチン・エドゥアルドヴィチ・ツィオルコフスキー宇宙航法の理論の創始者がここに住んで、働いていました。

オブニンスク市はロシア連邦初の科学都市で、ここで世界初の原子力発電所が建設されました。今日では、この地域で2番目に大きな都市です。

 

気候と生態系

この地域の気候は適度に大陸的で、夏には適度に暑く湿気が多く、冬には適度に寒く、安定した積雪があります。 7月の平均気温は、北部に + 18℃から南部に +21℃までです。 1月の平均気温は、北部に-12℃から南部に -8℃までです。

暖かい期間(正の日平均気温)は、205(北)から220(南)までの日間続きます。年間平均気温は、北と北東の3,5-4,0℃から地域の西と南の4,0-4,6℃までです。

霜のない期間の長さは203-223日です。地域の最も寒い北部はです。

地域の中心部は適度の寒いです。この地域の森林地帯の南において、気候は比較的温暖です。ロシア連邦の天然資源・環境省の報告によると、カルーガ地域はロシア連邦で最も環境に優しい地域の一つです。

 

天然資源

地域の鉱物と原材料の潜在能力は、(煉瓦および膨張粘土の製造のための低融点粘土と粘土質土壌、建築用及び珪酸塩砂、砂と砂利の材料、建設石)非金属鉱物の主要な種類の企業の需要を満たすことを可能にします。

- 577 固体鉱物の鉱層

- 418 – 建材

- 76 – 農薬原材料

- 地域の45.1%は森林で覆われている 

https://map.geoportal40.ru/minerals/ —有望な鉱物区域と鉱床のインタラクティブ地図へのリンク。

 

修学

カルーガ地域の職業教育システムは、労働市場の需要と経済発展の考慮して作られています。 

カルーガ地域では13の高等教育機関が運営されています。地域の労働市場における必要な専門職の大部分が、地域の主要大学を占めていました。

  • カルーガ国立大学はコンスタンチン・エドゥアルドヴィチ・ツィオルコフスキーにちなんで名付けられました。2011年から2017年までの間に、カルーガ国立大学(全部で120の修学プログラム)に準備コースと20以上の新しい専門職が開かれました。公式サイトhttp://tksu.ru/
  • モスクワ国立工科大学のカルーガ支部は、ニコライ・エルネストヴィチ・バウマンにちなんで名付けられました。現在、学院では20以上の技術分野の専門職を養成しています。過去5年間の大学内の研究開発活動の量は1億5,700万ルーブル以上であります。35以上の科学技術的な開発が推奨されて、工業生産に導入されています。 公式サイト http://bmstu-kaluga.ru/
  • オブニンスク原子力工学研究所は、ロシアの原子力産業の専門職を準備する、「モスクワ工学物理学研究所」国立研究核大学の支部です。公式サイトhttp://www.iate.obninsk.ru/
  • ロシア国立農業大学のカルーガ支部は、 「モスクワ農業アカデミー」クレメント・アルカデヴィッチ・ ティミリヤーゼフにちなんで名付けられました。公式サイトhttp://kaluga.timacad.ru/
     

中等職業教育システムの58の教育機関では、80の異なる分野に専門職を養成します。準備の基本的な分野は、農業、建築と建設、エネルギー論、機械工業、情報技術、車両です。カルーガ地域では、デュアルシステムが導入されています。

  • カルーガテクニカルカレッジ。修行は、塗装作業メカニック、情報通信技術、物流オペレータ、機械エンジニア、自動車整備士、メカトロニクスの分野で行われています。公式サイトhttp://www.kkitiu.ru
  • カルーガ国立経済と環境工学カレッジ。カレッジでは、オランダの会社「LELI・レリ」と協力して、ロボット装置によって搾乳牛の分野で専門職の再教育、再訓練、さらに訓練を行っています。公式サイトhttp://www.agrarcollege.ru/
  • オブニンスク技術とサービスカレッジは、「ノボリペツキー冶金コンビナート-カルーガ」合同会社と協力して、労働市場における他の必要な専門職と「材料科学と材料抵抗」分野の学生を養成します。 公式サイトhttp://obninsk-ktu.ucoz.ru
  • リュディノフスキー工業大学
  • カルーガ輸送技術工業学校は、アレキサンダー・テレンスヴィッチ・ カルポフにちなんで名付けられました。

 

カルーガ地域では、有望な産業のために適用される資格の多機能センターが創設されました。

自動車産業の専門職を訓練するためのセンター

  • 面積 — 10 500平方メートル
  • 職場と実験室— 30
  • 課程— 100
  • 職業訓練コース— 25
  • 同時訓練— 500 人
     

 製薬専門職研修センター

  • デュアルシステム—理論+実践
  • 国際レベルの教育と技術の基幹
  • 様々なレベルの研修を受けた専門職向けのGMPトレーニング
  • 同時訓練— 250 人
     

 知事の農業カレッジ

  • 面積10 000平方メートル
  • 通信教授と3スクーリング科、生産から中断することなく
  • 教育および生産職場, トラクタードライバーを訓練するための道路
  • 300ヘクタール面積は、  200ヘクタールの耕作地及び教育施設および生産設備に占められています。
     

カルーガ地域では322の学校が活動しています。外国人の専門職の子供のために、国際学校が設立されました。https://www.kischoolrus.com/

  • 3歳から16歳までの子供たちを教えています
  • 就学前教育センター
  • プログラム "国際バカロレア"
  • ケンブリッジ国際学校の地位 (Cambridge International School)
  • 国際試験 (Cambridge Checkpoint、Cambridge IGCSEおよびCambridge A-Levels)

 

保健

 

カルーガ地域には、380の正看護婦と産科医センター 、278の民間医療機関、4つの療養所、25の医務室、8つの地区病院、13の都市医療機関、10の地域専門医療機関、24の中央地区病院、様々な方向性の62の医療機関があります。カルーガ地域の保健省は、公衆衛生へのアクセスを確保して、保健サービスの有効性を改善する役割を担っています。

主要な医療機関:

  • カルーガ地域臨床病院
  • 医療放射線研究センターは、「ロシア保健省放射線科医学研究センター支所」アナトリー・フョードロヴィチ・ツィバにちなんで名付けられました 公式サイトhttp://mrrc-obninsk.ru/
  • カルーガ支所「分野間科学技術複合「目の顕微手術」」は、学者のスヴァトスラフ・ニコラエビッチ・フェドロフにちなんで名付けられました 
  • カルーガ地域周産期センター
  • カルーガ地域歯科医院
  • 市立病院第2号「松林」
  • エイズ管理と予防の地域センター

 

救急医療:

  • 12 — サルベージサービス
  • 緊急医療及び災害医療の地域センター
  • カルーガ地域臨床病院は、クルパトラ・ニコラエフナ・シェフチェンコにちなんで名付けられました
  • カルーガ地域臨床病院
  • 緊急部 — 「Antonius Medvizion Kaluga/アントニウス・メドゥジオン・カルーガ」

 

薬局:

  • カルーガ地域では502の薬局が活動しています。地域には、医薬品活動に従事する167の施設と、病院薬局との17の治療と予防機関があります。 
  • +7 4842 56 31 05 —薬局での薬の入手可能性に関する単一の参照サービス

 

安全

安全性の観点から、カルーガ地域はロシアで最も繁栄している地域の一つです。過去5年間で、この地域の犯罪件数は35%以上削減されました。記録された犯罪の数が一貫して減少しています。 2016年の6カ月間には、深刻かつ重大な犯罪が3.7%減少し、未成年者の犯罪が20.7%減少し、事故の数が12.1%減少しました。このような指標は、法と秩序を維持することを目的としたいくつかの地域プログラムの実施の結果であります。

航行監視システムGLONASS「Global Navigation Satellite System、グロナス」、総合的なマルチサービス通信システム、交通規則の遵守の自動登録機関、近代的な輸送 - これまで以上に地域における安全な生活を確保することを目指しています。

緊急サービス(携帯電話からの電話):

112, 911 「通話は無料でSIMカードがデバイス内でブロックされているかどうかで可能です」。

緊急サービス(さまざまな携帯電話事業者を含む拡張リスト)

消防隊員と救助隊:

ビーライン: 001

メガホン, МТС, Utel, TELE2: 010

モチーフ、スカイリンク: 901

警察:

メガホン, МТС, Utel, TELE2: 020

ビーライン: 002

モチーフ、スカイリンク: 902

救急車:

ビーライン: 003

メガホン, МТС, Utel, TELE2: 030

モチーフ、スカイリンク: 903

緊急ガスサービス:

ビーライン: 004

メガホン, МТС, Utel, TELE2: 040

モチーフ、スカイリンク: 904

都市緊急サービス公衆電話からの電話):

101 (01)- 消防隊員と救助隊

102 (02)- 警察

103 (03)- 救急車

104 (04)- 緊急ガスサービス

緊急部Antonius Medvizion Kaluga/アントニウス・メドゥジオン・カルーガ」,  amvk40.ru:

+7 (4842) 40-10-03 — 緊急支援のためのディスパッチャ「昼夜」

+7 (920) 872-44-44 —英字サービス(Medical Assistance 24/7) 「昼夜」

+7 (4842) 56-31-05 —薬局での薬の入手可能性に関する単一の参照サービス