オプティナ男子修道院

オプティナ男子修道院の意義はロシアの宗教生活にとって非常に重要である。その修道院は18世紀の終わりにロシアで興った宗教の再起のシンボルである。

他の世界からジズドラ川で隔てられた、松林の近くに位置する修道院は隠遁生活のために最適な場所であった。修道制度初期の天の恵みが再現された宗教的なオアシスであった。オプティナの長老達は神からの賜り物である才能と思慮を持ち、洞察力、病気を治癒させる力、奇跡を起こす才能もあった。オプティナは最古の修道院の一つである。

修道院のサイト  - http://www.optina.ru/