経済特区

経済特区とは何か?

各経済特区は国から特別な法的地位を分与され、その地位のおかげで投資家達は税金と関税について優遇される権利を持ち、技術、運輸、ビジネスのインフラも利用出来る。投資家が経済特区でプロジェクトを実行する際の経費は全ロシアの指数より平均で30‐40%低くなる。

 

そのように「経済特区に関する」連邦の法律では投資家達を優遇するシステムが提供される。その内容は:

 

特別行政体制(規制の最小化、「一つの窓口」の原理)

ビジネス発展のために完備されたインフラ

優遇価格で土地を購入できる可能性、事務所の優遇賃借

優遇税制(税制上の優遇システム)

優遇関税制(関税フリーゾーンでの手続き)

前倒し償却を利用できる可能性

投資家の権利を守る法的保証(法制の不変性)

 

特別行政体制

規制の最小化、「一つの窓口」の原理

 

 

 

 

経済特区に属する投資家の経費の低下(30%まで)

優遇税制

所得税の税率減と社会貢献の料率減、地租と輸送税の5年間免税

優遇関税制

関税フリーゾーン制

すべての必要なインフラ

事務所、ガス、水道、電気等

保証

ロシア連邦の行政が保証する優先権の不変性

経済特区の管理に関する平明なシステム

官吏に関係する機関:ロシア経済開発貿易省、「経済特区」の株式会社、ロシア連邦の地方区分

専門職員を利用出来る可能性

教育施設と研究施設

 

No.116-Ф3法によってロシアで4種類の経済特区のみが作成することが出来る:

 

-工業生産

-技術導入

-観光・保養

-港

 

ロシア連邦の地方区分あるいは幾つかのロシア連邦の地方区分、及び地方自治体あるいは幾つかの地方自治体の土地で経済特区を作成することに対する決定はロシア連邦政府によって行われ、ロシア連邦政府の議決によって登記される。

 

経済特区の期限は49年である。