工業団地

特別経済区。一般的な情報

特別経済区は、政府によって定められたロシア連邦の領土の一部であり、起業活動を行う特別な制度が運営されています。これらの地域には、ロシアと外国の投資家をロシアの優先分野に引き付ける特別な法的地位と経済的(租税、関税、インフラ)利益が与えられています。

ロシア連邦では、工業生産、技術促進、観光レクリエーション、港の4つのタイプの26の経済特区があります。

特別経済区の活動は、2005年7月22日の連邦法「ロシア連邦特別経済地域について」第116号によって規制されています。特別経済区は49年間創設されています。

特別経済区の創出目標:

  • 加工技術とハイテク産業の発展
  • 新しいタイプの製品の開発と生産、輸入代替産業の開発
  • 輸送および物流システムの開発
  • サナトリウムと観光を開発
  • 輸出原材料経済から革新的経済に内在するハイテク生産への移行
  • 投資環境の改善