工業団地

般的な情報

2012年にカルーガ州の土地で、工業生産区分の、「リュジノヴォ」という経済特区が作成された。経済特区の作成とは、カルーガ州にとって革新である。州の土地で工業と加工企業のために近代的インフラが用意された。経済特区の駐在員に、製造所を開業する経費を補償する税制上の特典が提供される。工業地帯は技術的に完全に整備され、すべてのライフラインの敷設は無料で行われる。物流は鉄道と連邦道路により可能である。

 

カルーガ」経済特区の面積

「リュジノボ」経済特区の面積は1042.72ヘクタールになります。特区はリュジノボ市から0.1キロ離れたカルーガ州リュジノボ地区のボイロボ集落(610.6ヘクタール)とカルーガ州ボロフスク地区のコゼルスコエ集落(432ヘクタール)に位置しています。

 

居住者数

「リュジノボ」経済特区の可能居住者として、幾つかのロシアと外国企業が見られています。

2014年5月26日に「農業投資」会社は「リュジノボ」経済特区にて、中央連邦管区で最大の通年野菜栽培用の温室施設が建設を開始しました。年間生産能力は7万トン、プロジェクトへの投資は130億ルーブルになります。

2015年5月28日に「ハヤトホールディングス」グループの子会社であるトルコの「カスタモヌEntegre」会社は工場の起工式が行われる予定です。その企業は「リュジノボ」経済特区の領土に木材生産を作る計画しています。総投資額は2億ドル以上に達し、600以上の雇用を創出する計画があります

 

駐在員の人数

「リュジノヴォ」経済特区の可能な駐在員として一連のロシアと海外の会社が検討される。

2014年5月26日に株式会社「アグロ・インヴェスト」は「リュジノヴォ」経済特区で一年中野菜の栽培が出来る中央連邦管区で最大の温室集合体の建設を始めた。

2015年5月28日、Hayat Holdings」子会社の企業グループの子会社、「Kastamonu Entegre」トルコかいしゃを建設をはじめる。「カルーガ」経済特区で生産木工の建設する予定がある。投資レベルは200万以上になって、600社の求人を作る予定がある。

予想によると地帯が完全に埋まる2021年までに「リュジノヴォ」経済特区で約22駐在員を配置する予定がある。

乗り入れ用道路

 

産業インフラ「リュジノヴォ」エリア

地帯はA‐101「モスクワ―マロヤロスラヴェツ―ロスラヴリ」連邦自動車道路から60キロ、M‐3「ウクライナ」連邦自動車道路から30キロ離れて配置されている。

リュジノヴォ市は単線鉄道の「ヴャジマ―ファヤンソヴァヤ―ブリャンスク」に位置している。

市内に中間駅が2つある:リュジノヴォ‐1(第3級)、リュジノヴォ‐2(第4級)。

リュジノヴォ‐1駅はすべての生産企業に応じている。提供される地帯の境からリュジノヴォ‐1駅までの距離は5.0キロである。

ブリャンスク市に、リュジノヴォ市から100‐110キロの距離にブリャンスク民間飛行場がある。

 

 

連絡先

〒249401 、カルーガ州、カルーガ市、スボロバ、77

電話番号:+7(4842)92-62-40

          ヴェセルコフ・エヴゲーニ・ゲンナディエヴィチ Veselkov Evgeniy Gennadievich

E-mail: office@oez.kaluga.ru

http://oez.kaluga.ru/​