職員と社会安全

職員の検索

 

自動車産業の専門家を養成、再養成する学習センター

自動車産業の専門家を養成、再養成する学習センターはカルーガの情報技術と経営私立中学校に基づいて設立された。センターの総面積は10500m²である。学習センターにおける30の工房と14の教室で同時に500人までの学生が勉強できる。

学習センターはヨーロッパの近代的設備があり、国際レベルの教授法基盤を持っている。その工房と教室で学習の最適な技術方法が実地される(マルチメディアのプレゼンテーション、学習の映画、視覚教材、学習用スタンド、科学技術設備)。学習はヨーロッパの主要な学校で資格を取得した技能の高い教員によって行われる。

専門家の養成の主な分野は溶接、水圧自動化技術、自動車用機械、生産のオートメーション化、ロボット工学、物流、手仕上げ・組み立て作業と金属の機械加工、工業用電気工学と電子工学など。

学習センターで2824人の学生が学び、その内2000人は州の主要な雇用企業と締結した協約書に従って職業教育のプログラムの授業を受けている。学習センターで技能の向上及び専門家の再教育の分野もある。2012年に様々なプログラムに基づいて2000人以上が再教育を受けた。

私立中学校でLLCの「Volkswagen Group Rus」とLLCの「Peugeot Citroën Mitsubishi 自動車」の人材を養成するための教育の二重化システムが順調に実地されている。そのシステムの教育によって授業を2ヶ所で受けることになる、すなわち:

授業で必要な理論的知識や基本的な実習の知識を身に付ける教育施設での教育と、

各学生に指導員の職人が付くことで経験による知識や能力を獲得する企業である。

その学習プログラムは雇用企業と共に考えたものである。LLCの「Volkswagen Group Rus」の人材発展に関する幹部によって学生との学生契約が締結されている。その契約によって会社の幹部は学生に作業服、教員に専用の物を供給し、及び学生に最低労働報酬額による毎月の奨学金と企業で行う授業の際に給食を提供する。

学習の終了後に学生に3つの書類が引き渡される:技術者の卒業証明書、企業とロシア・ドイツ商工会議所の資格である。

二重化システムが高等教育にも実地されている。2012年2月にN.=E.=バウマン記念のモスクワ技術国立大学のカルーガ支部でメカトロニクスという分野の最初のグループが授業を受け始めた。そのプロジェクトは大学とLLCの「Volkswagen Group Rus」の共同のプロジェクトである。そのために会社は2012年12月にメカトロニクスとロボット工学の研究室に設備を設置した。

農業、製薬と建設という分野のリソースセンターの設立に関する作業が続いている。

 

外国人の就職

 

カルーガ州の労働・雇用と人材対策省は外国人の労働者を雇用する必要性を決定し、外国人の労働者は労働活動が出来る割り当ての量に関する準備という作業の手配と管理する執行権の機関である。

外国人の労働者を雇用する割り当て量とその職業構成は雇用側が要求する外国人労働者の必要性から成る。

労働資源の最適なバランスを支えるために外国人労働者を雇用する割り当てを作成することの主要な原理とはロシア国籍の人達が優先的に欠員と新しく出来た仕事につくことである。

ビザが必要ではない外国人はロシア連邦に入国して外国人労働者を利用する割り当てを持っていない雇用企業で労働活動出来る。

国民の就職に関する法律は外国人と国籍を持っていない方々にも適用される。

外国人の労働者は就職センターに依頼する際、次のサービスが受けられる:

-適当な仕事を探すことに関する支援、雇用側に必要な職員を探すことに関する支援

-カルーガ州の求人マーケットの状況に関する情報の提供

-求人と学習者の仕事に関する定期市の手配

-職業の範囲、就職、職業教育に関する公民の方位判定の手配

-永久に又は臨時的にロシア連邦に滞在し(臨時滞在許可または居住許可証持ちの方)、さらに居住地登録を持っている外国人は無職として認められる。無職として認められた外国人は国家から次のサービスを受けられる:

-非就業者の心理的な支援

-職業的教育、再教育と他の地方での学習を含む非就業者の技能の向上

-報酬がある社会奉仕活動の手配

-求人マーケットにおける非就業者の社会的な適応

-就職が困難である非就業者の臨時的な就職