社会経済に関する指数

カルーガ州における安定した経済的状況、計画通りに実行される生活水準の上昇は投資導入、恒例産業の大幅な現代化と先進産業や管理技術の導入という分野に対して行われる地方行政の指導の効果的な政策の結果である。

ロシア統計本局によると、2014年の前半にカルーガ州に関して次のデータがある:

l 加工産業における発送された人口一人当たりの製品量  ロシア連邦と中央連邦管区で1位

l 一人当たり工業製品の生産量 中央連邦管区で1位、ロシア連邦で9位

l 工業生産指数 中央連邦管区で2位、ロシア連邦で10位

l 人口一人当たりの固定資本への出資(2014年1月~3月) 中央連邦管区で3位、ロシア連邦で26位

l 集団住宅の利用のための準備の早さ 中央連邦管区で3位、ロシア連邦で12位

l 平均月収(2014年1月~4月) 中央連邦管区で3位、ロシア連邦で30位

l 一人当たり平均収入(2014年4月) 中央連邦管区で3位、ロシア連邦で23位

 

主要なマクロ経済の指数、積み重ねた経験と大きな能力は地方の経済が均衡し、効果的であることを見せている。

指数

単位

2013年

前半

2014年

前半

生活水準

      一人当たり平均収入

ルーブル

21639.6

23493.2

      前年比

%

117.3

109.6

     平均月収

ルーブル

23709.6

27055.0

      前年比

%

118.5

109.8

商品とサービス

      発送された製品量

十億ルーブル

195.8

242.4

     工業産業の容量指数

%

103.1

109.5

      地下資源の採掘、容量指数

%

108.7

136.2

      加工産業、容量指数

%

101.2

108.8

      農業製品

十億ルーブル

6.9

7.8

      農業生産の容量指数

%

103.2

100.8

      住宅の導入

千m²

141.4

264.4

      前年比

%

83.9

187.0

      小売商売の回転

十億ルーブル

68.1

75.3

      価格前年比

%

 

104.2

102.1

出資

      固定資本への出資額

十億ルーブル

27.8

31.5

      前年比

%

 

97.5

112.8

2014年前半に地方の企業は2013年のレベルを9.5%(ロシアで1.5%)上回って工業製品を発送した。今年の前半に地方で7つの新しい製造所が出来た。2006年からカルーガ州で72のベンチャー企業ができて、現在は149の投資計画が実行中の様々な段階にある。

 

カルーガ州で出資のために好調な状況が作られたことのおかげで地方の指導部は大きな投資家を勧誘し、その活動はマクロ経済の指数の上昇を生み出した。安定した安全な地方のイメージを作り出したカルーガ州は第一、加工産業の幾つかのクラスターに対する大量の出資の流入を可能にした。導入された資金は経済発展に寄与し、科学、文化、スポーツ、保健の発展、住宅の建設、棲息環境の整備に還元される。

 

2014年前半の結果によって、一人当たりの建設工事量でカルーガ州は中央連邦管区で2位、ロシア連邦で17位である。2014年1月~6月に地方で住宅の26万4千5百m²が引き渡され、2013年同期間に比べて87%上回っている。経済的な結果はカルーガ州に住んでいる人達の民生に反映する。2014年前半にカルーガ州の住民の一人当たり平均収入は9.6%増加し、平均給料は9.8%上がった。